ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

管理人が持ち歩くUSBメモリの中身公開【前編】

一応ネカフェ通信なるサイトの管理人やっているぐらいネットカフェ好きな私
(実は最近あまり行っていないのですが…)

外出先のインターネット接続で、すぐにいつもの環境が再現できるよう
たわいもないUSBメモリを持ち歩いています

では、一体このUSBに何が入っているのかの紹介

マニアック記事です。興味のない方ごめんなさい!

しかしここで注意!

【注意】
正直、ネットカフェでUSBメモリを挿すのは非常に危険です!
経験上、結構な確率でウイルスに感染します・・・
管理人はそのリスクを踏まえ、
初めて行くネットカフェなどはウイルスチェックした上で利用しています
それでも感染することもあります
ネットカフェのような公衆PCで利用するのは自己責任でお願いします

という前提でこちら

まず、メニューを出しているのが

Portable Start Menu
USBメモリ中の各種プログラム(.exe)を、タスクトレイ常駐のメニューとして素早く起動するためのツールです

あとは順番に

Capture STAFF – Light Win10になってSnipping Toolがつかえるようになったのでやめた
画面キャプチャツールです。ブログネタや各種サイト作成などで利用。
この手のソフトはほかにもたくさんありますが、png形式で保存できることと、このソフト自体でトリミングや縮小などある程度の画像加工ができることが決め手で利用しています。
CalmWin Portable
ウイルス対策ソフト。常駐しないのでリアルタイム検索はできませんが…まあ、怪しいファイルなどに出くわした場合などに使うぐらい。
DropboxPortable セキュリティ上の理由によりやめた
以前の記事で紹介した、一度使ったらやめられなくなるツールです。
ただし、書いておいてなんですが、USBメモリで利用するのは…
落としたり紛失するリスクがあるのであまり勧められません。保管したデータのダウンロードだけならwebサイトからできますので。。。
FFFTP
各種サイト更新のために利用しています。が、正直これも、外出先から利用するならSFTPが利用できるツール(FileZillaなど)の方がベターです。管理人は慣れているので使ってしまっていますが乗り換え予定。
GoogleChromePortable
自宅でメインで利用している関係で外出先でもChrome派です。ほかにもFireFoxPortableなんてのもありますのでお好みで。FireFoxのほうが、フォーム入力やパスワード補完機能などに対しマスタパスワードをかけられる分、セキュアかも知れません。が、管理人はChromeのブックマーク同期が手軽で便利なのでついついこちらを利用。
秀丸エディタ(シェアウエア)
外出先でのちょっとしたプログラミングなどは結構これ使っています。自宅だとEclips(+Pleiades)環境なんですが。

書いていて遅くなったし疲れたので後日執筆予定の【後半】記事に続きます。

About ばれんしあ

愛知県尾張地方在住 IT技術者、サンデープログラマー、ギター・お酒好き

6 Responses to “管理人が持ち歩くUSBメモリの中身公開【前編】

    コメントをどうぞ