ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

アルバイトTag Archives

アルバイトの思い出-家電店-

先日の記事中で紹介した栄電社(現:エイデン)さん・・・

実は、ご縁が続くのです

それから5年後ほど後に、まさかそこで店員として働くことになろうとは思いもよりませんでした

大学生時代の確か冬休み前、一稼ぎしようとアルバイト情報誌をめくりながらふと見つけたバイト
「自社製品の販売支援 by.某有名家電メーカー」

さっそく応募して面接はすんなり合格
「じゃあ、ここで来週から車載テレビを売ってもらいます」

示された場所は、あの!5年前には涼しい顔しながら勝手に店のオーディオで録音していた

栄電社本店 さん

まあ、5年も経てば人も入れ替わってるし
誰も覚えてないのでいいんですけどね・・・縁を感じました

仕事としては、当時そこそこ流行りだした程度の液晶テレビや携帯音楽プレーヤーがディスプレイされている売り場の担当として
ごく普通に店員になりすまして接客し

さりげなく某メーカー製品をアピールする

他社製品ご指名なら無理に当社製品に引っ張らなくて良いよ!
という、簡単なのか難しいのか良く分かんないミッション

たぶん今でもそうだと思うんですが家電店で接客してくれる店員さんって、
結構な割合で、社員じゃなくて様々なメーカーの人たちみたいですね・・・

仕事としては・・・

はっきり言ってその某メーカーの当時の液晶テレビ、画質はイマイチな替わりに、安さで勝負っていう商品
ほとんど売れませんでした・・・

が!
そのかわり、競合他社製品を売りまくりました
だって・・・そっち指名なんだもん・・・

変わったお客さんとしては・・・朝から新聞のテレビ欄とにらめっこしながらず~っとテレビ見てるお客さん

とか

複数フロアでテレビからビデオからオーディオから新築や婚礼か?!というほど買いまくって
こちらもほくほくだったんですが

最後の支払いになって、結局カードが限度額で止められていて使えずにキャンセルされた方とか・・・

ほかにもクレーマーはたくさんいましたが
それこそ、アルバイトではなく社員さんの対応でしたし・・・

接客初めてでしたが、楽しかった覚えがあります

それに、栄電社と言えば当時の東海地区最大級の家電店で
その本店の1Fといえば・・・

レジの女性店員さんも当然みなさん、きれいな方が揃っていました
それが一番楽しかった!

アルバイトの思い出-家庭教師編-

大学生のアルバイトで一番メジャーで収入もそこそこいいのが家庭教師でしょう

こんないい加減なばれんしあですがこのバイトも結構やりました

でもね、今だからいいます

真面目に教えたのはほんの数人

本人がやる気無い場合はこちらもやる気なくなる性格で…

一生懸命ギターを教えたり

「分からないところ教えて」と言っておいてベッドに寝転がってマンガ読んでいたり

私、コミックとか人生において買ったこと無いですが

『キャッツ♥アイ』 とか『シティーハンター』 とか『スラムダンク』 とか『疾風伝説 特攻の拓』あたりは読破しました

全部家庭教師先で…

親御さん達本当にゴメンナサイ

でも、本人がやる気の場合は時間延長してでもキッチリ教えていました

そういえばサンデー・マガジン創刊50周年らしいですね

ユニクロでTシャツも販売中だそうで

名探偵コナンは5年前ぐらいに喫茶店でずーっと読んだけどいまだに続いているんですね…

コナンは高校2年生のままでしたっけ…

高校生なのにあれだけ殺人事件の現場に居合わせるのは並大抵じゃないですね

菓子撒き

寿菓子
こいつが何か分かるでしょうか

お菓子詰め合わせです

でも、寿です

名古屋…というか、中部地方の方ご存じかと思います

それ以外の地域の方、用途分かりますか?

これ、先日ご近所で配られた「菓子撒き」のお菓子です

「菓子撒き」とは、名古屋独自の文化らしいのですが

嫁入りの際、新婦の親戚一同が実家の屋根に上がり集まった近所の人達にお菓子を撒く嫁入りの儀式です

最近ではさすがに屋根からばらまく光景は少なくなっていますが、私の自宅付近のようにある程度田舎だと、簡略化した、菓子パックを近所に配る「菓子撒き」ならぬ「菓子配り」はまだまだ、存在しています

ちなみにですね

本格的な、屋根から菓子をばらまく式の「菓子撒き」の撒く役を、一度やったことがあるんです

学生時代に、知り合いの知り合い(つまり、他人ですが)あたりにアルバイトとして頼まれました

あれね、すっげーいい気分ですよ

足元の人たちが手を伸ばして乞うところに

天上の私が「ほーら」と投げ入れるわけですから

…やっぱり俺の性格はSなのかしらん

アルバイトの思い出-消防設備点検屋編-

消防設備点検屋さんのバイトも経験しました

「消防署の*ほうから*来ました」なんて訪問するアヤシイ詐欺ではありませんで

ちゃんとそんな商売があるんですよね

良くビルとか学校とかで、天井にある感知器を点検したり非常放送やベルなどが点検で鳴ったりすることありますよね

あれです

法律は良く知りませんが公共の建物とか?はちゃんと点検周期が決まっていて
数年に一度は消防設備点検を実施して消防署に届けなければならないようで

景気にあまり左右されないなかなか良い商売ですね

このバイト、友人たちと一緒にやっていたのもあってとにかくいろいろな所に行けるのが楽しかったです
学校から工場からマンションの一般家庭から事務所から旅館、店舗スーパー…

とにかく、普通じゃ入っていけない様々な空間、しかも授業中や仕事中、生活中の場面に堂々と入っていけます

で、いろいろな観察するのもなかなか興味がありました

こんな劣悪な環境でよく働くよな…とうなりたくなる粉塵・悪臭だらけの工場とか

華やかな店舗のバックヤードはすっげーキタナイ事務所…とか

盲学校はこんな工夫がしてあるんだ…とか

部屋も廊下も全てマンガとゴミで埋め尽くされた目を疑いたくなるアパートの一室…とか

下町のギター工場みたいなところも興味深かった

温泉の舞台に出演するための劇団が泊まるボロボロの楽屋とかも

「この人達、こんな所に寝泊まりしながら日本中を旅してるんだろうな…そんな職業もあるんだよな…案外楽しいかも…」

なんてことを考えたりしました

またそれら現場へは当然車で行くんですが

まあ、仲間同士でドライブしているようなものだからそれもまた楽しかったし

で、今だから告白しますが

某オフィスで熱感知器がなかなか作動しないな~とずっと火で炙っていたら思いっきり焦がしてしまい
ホワイトのペンで塗ってごまかしておいたのは私です

某女子校で授業中の女の子に廊下からちょっかい掛けていたのも私です

アルバイトの思い出-看護人編-

日常にblogネタに出来ることが起こりません

…というか、正確にいうなら

現状の仕事もプライベートも書けないことばかり(謎)なので

ここはひとつ、昔の回顧としましょう

記事カテゴリも新設しました

さて、学生時代に経験したアルバイトの思い出の一つ

とある病院の精神科の看護人バイト

看護人とは昔の言い方で、要は看護婦の男版

とはいえもちろん私は無資格アルバイトなのでできることは看護師さんたちのお手伝い

一応面接に行ったんですが

もう最初から採用決定状態で

「入院患者さん達の相手をしてあげて欲しいんですよ キャッチボールとか、卓球とかね!
キタナイとか、危険とかそんなのはないですから」

なんていう説明

まあこれで時給1,000円↑(だったような)ならまあ良いかとOKしました

ただ、嫌な予感はしたんですよ

特に最後の言葉を強調するところがアヤシイ

さて実態は・・・

Continue reading »