ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

アルバイトの思い出-消防設備点検屋編-

消防設備点検屋さんのバイトも経験しました

「消防署の*ほうから*来ました」なんて訪問するアヤシイ詐欺ではありませんで

ちゃんとそんな商売があるんですよね

良くビルとか学校とかで、天井にある感知器を点検したり非常放送やベルなどが点検で鳴ったりすることありますよね

あれです

法律は良く知りませんが公共の建物とか?はちゃんと点検周期が決まっていて
数年に一度は消防設備点検を実施して消防署に届けなければならないようで

景気にあまり左右されないなかなか良い商売ですね

このバイト、友人たちと一緒にやっていたのもあってとにかくいろいろな所に行けるのが楽しかったです
学校から工場からマンションの一般家庭から事務所から旅館、店舗スーパー…

とにかく、普通じゃ入っていけない様々な空間、しかも授業中や仕事中、生活中の場面に堂々と入っていけます

で、いろいろな観察するのもなかなか興味がありました

こんな劣悪な環境でよく働くよな…とうなりたくなる粉塵・悪臭だらけの工場とか

華やかな店舗のバックヤードはすっげーキタナイ事務所…とか

盲学校はこんな工夫がしてあるんだ…とか

部屋も廊下も全てマンガとゴミで埋め尽くされた目を疑いたくなるアパートの一室…とか

下町のギター工場みたいなところも興味深かった

温泉の舞台に出演するための劇団が泊まるボロボロの楽屋とかも

「この人達、こんな所に寝泊まりしながら日本中を旅してるんだろうな…そんな職業もあるんだよな…案外楽しいかも…」

なんてことを考えたりしました

またそれら現場へは当然車で行くんですが

まあ、仲間同士でドライブしているようなものだからそれもまた楽しかったし

で、今だから告白しますが

某オフィスで熱感知器がなかなか作動しないな~とずっと火で炙っていたら思いっきり焦がしてしまい
ホワイトのペンで塗ってごまかしておいたのは私です

某女子校で授業中の女の子に廊下からちょっかい掛けていたのも私です

コメントをどうぞ