ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

Youtube投稿動画のライセンスに関する攻防

Youtubeに投稿する際の、あまり知られていないネタを紹介

 

私のように、音楽系の動画をアップすると

必ずついてまわるのが、そのライセンス、つまり著作権関係を所有しているかどうか

 

Youtubeの場合、JASRACと許諾契約を交わしているので

私のように、市販の楽曲をカバーして演奏するようなケースは

問題なくアップロードは可能です

 

で、アップロードした者(以後、アップ主と表現します)は

アフィリエイトにより広告収入(の一部)を得ることも出来る…のですが

それが得られるかどうか、あるいは、得られたとしてもその収益配分が

動画コンテンツの全ての権利を有しているかどうかによって変わってきます

 

ちなみに最近だと、さすがYoutubeさん

きっちりカバーしたようなコンテンツだと、アップロード直後に

「あなたの動画には、第三者のコンテンツが含まれていますね!?」

みたいなメッセージが自動で判定されて出てきます・・・

まあ、ほとんどその指摘は合っているので、受け入れざるを得ません

逆に、

自分の演奏の腕前でも一応、機械判定でカバー元曲との一致を認めていただいた!

と喜ぶべきかも知れません(笑)

 

その機械チェックをくぐり抜けたとしても

第三者からの申し立てがあれば

やはりアップ主に通知が届き

異議申し立てをしない限りそれを認めることになります

 

で、本題

私が過去に初めてYoutubeにアップロードした「グリーンスリーブス」のアレンジ曲のケース

こんなのが今まで何度も届きました
Youtube収益受け取りに関する情報

 

ちょっと待ってくださいよ・・・

この原曲はご存じ、もともとイギリスの民謡で

確かに、過去にさまざまな著名アーティストがカバーしています

#ロックの有名どころだと、このあたりでしょうか

しかし、私が演奏しているのは、それらとは明らかに別物…
正真正銘、自分でアレンジしたものです

よって、

  • 作曲者は作者不詳の民謡のため、曲自体は著作権の保護はされていない
  • アレンジは自分のオリジナル
  • 打ち込みは自分自身
  • 演奏も自分自身

ってことで、毎回異議申し立てをし

Youtube収益受け取り復旧

 

というのを何度も繰り返しています・・・

まあ、収益はほとんどないのであんまり関係ないのですが

 

ってことで、完全オリジナルで超人気な動画をアップロードすると
ちょっとした小遣いが稼げる・・・かもって話でした

コメントをどうぞ