ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

大学講義のノートをとる方法

えー、久々のブログ更新ですサボっていてすみません

 

先日、大学の先生方と色々話をする機会がありました

最近は電子メールでレポート提出させても、誰かのオリジナルレポートを

写すだけの学生が絶えないこと

それを検出する有名なソフトが秀逸なこと など、色々会話する中

今どきの講義は

プロジェクターを使うのか、昔ながらの板書をするのか

聞いてみたところ

見事にプロジェクター派と板書派に別れた

板書派曰く、プロジェクターで講義すると

必ずその電子データを欲しがる学生が現れるのが許せないらしい

書いてこそ覚える!という信念があるらしく

中には

携帯電話撮影禁止まで掲げてる先生までいたのは驚き

 

おお、確かに最近はノートとらなくても
それですんじゃうよなとしみじみ思ったが・・・

その先生が続ける

「でも、録音までは気づけないんだよね…」

いや、そうだけど、
それを一生懸命聞きながら学習しようとするならいいじゃないですか?

「いや、違うんだよ!結局それが

音声解析されて電子データになって出回るんだよ・・・・」

え?まじっすか?

自分の学生時代と大違いで

時代の流れを強く感じた瞬間でした

[ad]

コメントをどうぞ