ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

電脳生活Tag Archives

ASUS ZENBOOK (UX21E)のバッテリーを交換

私がモバイルPCとして利用しているZENBOOK

デザインは未だにそれほど色あせておらず

CPUにCore i7を採用しているだけあって

モバイルとしての利用に何ら不満はなく現役です

ただ一つ、さすがに発売して5年半ほど経っているので

バッテリーが寿命です

例えバッテリー充電率が100%でも
バッテリーのみで起動すると、数秒から数分で突然電源断します

うーん、ACアダプターでしか駆動しないPCなんてモバイルとは呼べない…

かといって最新のモバイルPCを購入しようとすると

予算10万円は覚悟しなければならない

よし、(禁断の)バッテリー交換だ!

以下、交換の日記ですが

※注意:
もともと当PCはユーザ自身でバッテリー交換できるようにはなっていません
自身で裏蓋を開けた途端、メーカー保証外になります(たぶん)
よって、自己責任でお願いします!

バッテリー自体は楽天市場で購入しました

送料込みで8,000円ほどです

 

ちなみにほかにも色々なサイトで売っていましたが

2万円以上のボッタクリ価格が多かったので注意!

正直このあたりの商品は相場が分からないので

色々調べて適切な価格を探るしかありません

 

さて、PCの分解!

UX21Eの裏蓋には、上記丸で囲んだ10箇所にネジがあります

こいつは、一般的な+(プラス)ドライバーではなく

先端が星形のトルクスドライバーという特殊なドライバーが必要です

しゃあないから東急ハンズで精密ドライバーセットを買ってきました

1,000円ほどでした

たぶん近所のホームセンターでも探せばあると思います

トルクスドライバーのT5というサイズがピッタリ!だったんですが

ネジを開け閉めしているうちに、ドライバー側の先端がへたった!?のかネジ山が壊れかけたのか

T5ではうまく回らなくなったため、最終的にT6で開け閉めしました

裏蓋を開けるとこんな感じ

下半分の黒い部分がバッテリーです

こちらは普通の+(プラス)ビス5本で留まっています

バッテリーのコネクター(赤四角)ですが特にノッチなどはありません

基板面から垂直方向に持ち上げることで外れます
素直に外したバッテリーと一緒に持ち上げるって感じです

(最初、コネクターの見た目で判断して写真でいう基板水平下方向にずらすことで外そうとして外れずに苦戦しました)

外したバッテリー旧(上)と新品バッテリー(下)です

ラベルが上下逆になっていたり細かく変更されています

 

ってな感じで無事バッテリー交換を完了し

新品同様のバッテリー駆動モバイル生活が可能になりました

 

・・・と、無事と書きましたが

実は一度目にショップから送られてきたバッテリーが初期不良品でPCが認識せず

ショップに連絡して交換してOKだったという顛末です

ネジが多いので裏蓋の開け閉めに苦労しました

先にも書いたとおりあくまで自己責任ですが

ご参考までに

NuAns NEO [Reloaded]を買ってみた

twitter以外の日記で久々の更新です

携帯電話をTrinity社のNuAns NEO [Reloaded]にしてみました

この機種をレビューしたいと思います

 

スマートフォン全景

ちなみに壁紙はIFTTTで定期的に500px Editors’ Choiceが配信されるようになっているので 自分が選んだ写真ではないです

 

 

[きっかけ]

これまで利用していた富士通 arrows M02は1年半ほどの利用でしたが

以下の点が不満でした

  • CPUが非力な上に2GBのメモリも不十分
    (しょっちゅうフリーズしていた)
  • android OSのバージョンが当初の5.1から一度もバージョンアップされない

まあ、格安機だったので仕方がないのかもしれません

 

[選定条件]

いわゆる格安sim(MVNO)ユーザである自分が携帯電話に求める条件は以下

  • simフリーであること
  • おサイフケータイ(Felica)対応であること
    (この条件により現状ではかなりの機種が脱落
  • Androidの最新OS搭載であること
    今後しばらくのアップデートも期待できそうなメーカー
  • 搭載メモリは3GB以上
  • ストレージは32GBは欲しい
    (従来機が16GB(ユーザ領域は8GB程度)でアプリの厳選に苦労したため)

まあ、現状への不満の裏返しがほとんどですが

この条件で昨年あたりからずっと探していたんですが

三大キャリア機種以外では長らく見当たりませんでした

大手メーカーからハイエンドなsimフリー機が発売されないのは
キャリアからの圧力なんでしょうか!?

[選んだ機種の特徴]

これまでほとんど聞いたことなかったトリニティより上記の条件を満たす機種の発売が2017年2月に発表されました

調べていくうちに
そういえばWindowsでなんかおしゃれなケータイがあったけどあのメーカーか…ってことが分かりました

詳細は公式サイトに譲りますが

上記選定条件意外にも

  • 3,450mAhと大容量のバッテリー
  • 指紋認証
  • カメラのセンサーはソニー製
  • 防塵防滴
  • 発売後2年間のファームウェアアップデート保証
    (Android ONEのコンセプトに似ている)
  • 余計なプレインストールアプリなどがない

コンセプトにこだわっており好感が持てます

なお、TWOTONEが特徴的な機種ですが
複数のカードを携帯と共に持ち歩くクセから抜けられないので
FLIPケースを選びました

ナチュラルウッドケース
ナチュラルウッドのFLIPケースです

 

[1週間使ってみて感じた長所]

  • 基本的にサクサク!

スペック的には今どきのミドルの上級あたりでしょうか!?
でも、従来機に比べれば雲泥の差
今のところフリーズしたり操作で引っかかることも皆無です

まあ自分が利用する中で一番重いアプリはPokemon GOであり
これがストレスなく動作するので満足…程度の使い方ですが

  • GPSの感度も高い

2世代前に利用していた機種がどうにもGPSがダメダメだったのがトラウマになっていまして…
個人的に重要なポイントだったのですが合格です

Pokemon GOしているときのバッテリーの減り方が緩くなったのもGPSが省電力だからなのか(推測。CPUかも…)と嬉しいポイントです

  • FLIPケースの開閉でスリープon/offが地味に便利

使い始めは指紋認証するので両手を使うとして

特に使い終わった後にケースを閉じるだけでスリープになるのが片手ですんじゃうのが便利

  • ヘッドフォンの音量が通常利用時の音量と独立している

これもすっごい地味なことで申し訳ないんですが

2世代前に利用していた機種(Android 4.x)にはついていたけど

1世代前に利用していた機種(Android 5.1)にはついていなかった

ので、OSの仕様じゃなさそうなんですよね…

自分にはとってもありがたいです

  • 結構ハードに使っても1.5日ほど電池が持つ

バッテリーが新しいってだけかも知れませんが
スペックに偽りなし!ぽいです

[短所]

さて最後に改善できればなお良い!という部分

買う前から分かっていることと
買った後に感じていることが混在しています

  • 値段が高い!

コアなる本体が49,800円
(Amazonで予約時10%ポイント還元でしたが)
+FLIPケースが4,000円 と総額約5万円
もう1ランク上位の機種が選べてしまう価格帯

まあ、マニアを狙ったコンセプト商品ということもあり
ここまで良くこだわったという応援のつもりで納得しています

  • ぶ厚い

本体が11mmで、ケースのFLIP部だと20mmにも達するかという厚さ

 

このスマートフォンを友人に見せると

だいたいの反応が

うわ、ぶ厚!です(笑)

トリニティ曰く

”薄さ”に対するアプローチの見直し

だそうで

買う前から分かっていましたし

そんなこだわりも嫌いではないです

ただ、ポケットでかさばるという事実はあるw

  • FLIPケースのマグネットが弱い

まだ新しくてケースがこなれていないだけかも知れませんが

そこら辺に置いてあるだけでFLIPがパカッと開いていることが良くあります

いざ落としたときに本体を守ってくれるはずのケースが機能しないこともあるのでは!?と危惧しています

  • カード収納がFelicaセンサーの真ん前!?

本体裏にカード収納用のスペースがあるのはいいが…(Trinity社HPより引用

本体がぶ厚いのも、カードポケットなる遊び心!?を設けてあるからってのもあるでしょう

でもね…

Felicaセンサーの真ん前にICカードを収納するの!?

NFCのリーダ/ライタ機能をONにした途端、収納したICカードを延々と読み取ろうとしてしまいます

まあ、おサイフケータイ系の設定を全て終えてからリーダ/ライタ機能はoffにしてから収納すれば通常利用するのには困らないんですけどね

デザイン的に難しいのでしょうが、もうちょっとオフセットして収納できれば良かったのに…

  • バイブレーションが弱い!

たとえ胸ポケットに入れていても、その振動がほとんど気づかないレベル

なんで既読にならないの!と言われることしばしばです

  • 通知ランプがない

バイブレーションが弱ければ、あとは通知ランプで気づくしかない…はずですが

なんとこの機種、通知ランプがないことは買ってから気づきました

オプションでカメラのフラッシュを通知に利用することができるのですが

これはこれで、携帯をいじっているときだと向かいの人が光ることで気づくぐらいになってしまうので盗撮を不審がられてしまいます

と、いろいろ書きましたが

総じて満足です

 

富士通simフリー携帯arrows M02を海外で利用した結果

最近プライベートと仕事で海外に行くことがあったので
各都市で現地のプリペイドsimを試した結果を覚えのために記載しておきます

結論からすると、北米ではM02はほとんど使えませんでした

時期 国名 都市 通信会社 結果 接続方式 備考
2016/12 タイ バンコク AIS LTE サクサクでした
2017/04 アメリカ サンフランシスコ AT&T 3G LTEプランだったけど通信は3Gでしか接続できず
2017/04 アメリカ フェニックス AT&T × 通話すら出来ず
2017/04 カナダ マニトバ AT&T × 通話のみ ローミングで現地のRogersの電波でしたが通信できず
2017/04 カナダ バンクーバー AT&T × 通話のみ ローミングで現地のRogersの電波でしたが通信できず

こんな感じで、タイはAISのプリペイドsimで快適でしたが

北米はAT&Tのアメリカ・カナダ・メキシコで利用OKの6GB通信料込みsimを購入したはずが

サンフランシスコでかろうじて3G接続できただけで
その他の都市では通信できませんでした

やはり、arrows M02がほとんど日本専用BANDでしか利用できない一方で

AT&Tは2016/12末で2G GSMを停波してしまっているのが影響しているのか?と推測します

sim代金40米ドルがもったいなかった・・・

au携帯電話の契約を見直す(完結編)

さて、au携帯電話の契約を見直す の続き

自分の通信機器の使い方を整理すると

  • 通話は多くても月に数百円程度
  • タブレット(wifiモデル)とモバイルPCを持ち歩くことがあり
    これらを利用する場合のみフマートフォン(以下、スマホ)でテザリング
  • 通信量は月平均4GB程度

これらを勘案して、これを持つことにしました

GL06P

Y!モバイル系格安LTE SIMモバイルルーターです

スマホもタブレットもモバイルPCも全てwifi利用するのが一番手っ取り早いかなと!

友人がキャッシュバック狙いで携帯ブローカーまがいのことをしていまして(笑)

どうせ使わずに放ってあるから使わない?と

通信料負担(1,700円/月)のみでしばらく貸してもらうことにしました

 

いわく、

  1. SIMはもともとNexus5とセットで格安販売されていた
  2. Nexus5本体は売ってしまいSIMだけ契約と共に残った
  3. 別の携帯電話を購入するときにセット販売で格安でこのモバイルルーター(PocketWifi)が手に入った
  4. 2のSIMが最近SIMフリーになったので両方を組み合わせてみた・・・!?

みたいな…何度聞いてもよく分からない説明(笑)
(もともとPocketWifiに入っていたSIMはどうした?とか色々気になるが)

まあとにかく、通信容量5GB(だったかな?)まで
制限なしで利用できる
模様!

 

一応、電話は必要なので、スマホの通話機能だけは残します

でも、最近通話はめっきりコレにしています

先着10万名までという限定ですが
1回の通話が3分以内なら無料の特別プランがあります
(申込受付は2014年12月26日まで。
 今のところ特別プラン終了時期は告知なし。)

自分の場合、見事に通話は3分以内らしく
上記にしてからは通話料0円継続です…

 (無料プランはあっさり終了しました。
 やはり楽天wwwwwww)

さて、以上のプランでこれまでと料金を比較してみましょう(通話料を除く)

auスマートフォンをモバイルルーターで利用する場合の料金比較(月額)
項目 これまで 変更後 備考
基本使用料 934 934 誰でも割(50%off)適用
LTE NET 300 300 キャリアメール(ezweb)を使い続けるなら必要
安心携帯サポートプラス 380 解約した
LTEフラット 5,700 解約した
テザリングオプション 500 加入24ヶ月で無料キャンペーンが切れたので解約した
毎月割(税込) -2,205 0 購入24ヶ月で終わり
auスマートバリュー -1,410 フラット契約止めたら適用外
消費税 512 98  
小計 4,711 1,332  
モバイルルーター 1,700  
合計 4,711 3,032 差額1,679円

ということで、約1,700円お得になりました

最近はさらに格安SIMも安くなっているようですし

参考:月額2,000円以下の格安SIMはどこがおトクなのか?

考える価値はあると思います

 

で、最後に、このプラン変更の長所・短所をレビューしてみます

[長所]

  • auのプラン変更が手軽

オプションを解約するだけだったので、サポートHPから申し込むだけ

  • スマホ・モバイルルーター両方の電池の持ちが良い

スマホ自体もLTE通信しなくなったので電池も持ちが良く、1日まるまるいける

  • タブレットがいつでも気兼ねなく使えるようになった

スマホテザリングでは、電池を気にして必要の都度テザリングONする運用だった

auを解約しているわけでは無いので…

[短所]

  • モバイルルーターを持ち歩くのを忘れる
  • モバイルルーターがかさばる
  • 充電する機器が1つ増えた

重さはあまり気になりませんが
カバンを持ち歩かない場合、ポケットに入れざるを得ないです

  • Y!mobileの電波状況が良くない

業界No.1だぁ!?アンテナは立ってるよ!立ってるけど
駅などで混雑時は使い物にならず
また、よく途切れる
所詮、二度と使うか!と思った元EMOBILEだし…

  • au-Wifiが利用できなくなった

LTEフラットの加入が必須条件だったので解約した途端使えなくなりました
お店では非常に便利でしたが

てなところです

au携帯電話の契約を見直す

ブログの更新も

どえりゃぁ久しぶりです

すみません、バンド活動やらなにやらで忙しくてサボっておりました

 

さて、私は現在利用しているauのLTE携帯電話を2年前の11月に契約しておりまして

俗に言う二年しばりというやつが解ける時期です

 

改めて請求書をマジマジと見てみます・・・

ってか、よく分からなかったのでauのサポートにも電話して

果たして私はいつ契約を見直すべきなのか聞いてみたら

驚愕の事実が!!

 

au契約見直し推奨時期

 

ギリギリまで各種キャンペーン/割引を適用するなら

見直しをかけるべき時期がそれぞれ異なるんですね!!

サポートに電話して確認したのが11月1日だったのですが

時すでに1日遅く…

今月は使うつもりの無かったテザリングオプションに540円払わなくていけないとは

まとめるとこんな感じ(税込)

割引 24ヶ月目まで 26ヶ月目以降 備考
テザリングオプション -540円 なし キャンペーンは24ヶ月目まで
毎月割 -2,205円 なし 割引額は機種毎に異なる
割引は25ヶ月目まで
auスマートバリュー -1,522円 -1,008円 LTE契約と同時に申し込んだ気がしたが…
割引は25ヶ月目まで!?
差額 +3,259円

このまま放っておくと来月から

これまでより月々3,259円高くなってしまう

 

さてさてどうしたものか…続きは次回

イヤフォンを変えてみたらビックリだった

通勤時にはだいたい携帯電話で音楽を聞いている

ヘッドフォンはカナル型イヤフォンだ

これまでずっとPanasonic製の型番知らずを使っていたが

ある日突然、左耳の音量が小さくなって壊れた
(後日直ってしまったが…)

 

で、しょうがないから買い替えるかと…

ちなみにヘッドフォンとかイヤフォンって、本当にピンキリがある商品の代表みたいなものですよね…

100円ショップものから10万円程度のものまでいろいろあって

上を見たらキリが無い

 

で、選んだのがJVCのHA-FXD60ってやつ

 

結構安い割に、ネット上の評判も悪くない

ってか、リアル店舗では4,000円近い値をつけているところもあるのに…

2,000円弱でした

HA-FXDシリーズでは、70とか80とかもっと上位もあるけど

そちらは本体に重厚なステンレス素材が使われていたりして

ちょっと重いかもと勝手に考えて廉価モデルにした

 

でもまあ、所詮廉価モデルだし…

と、甘く考えていましたが

初めて使ってみてビックリです

なんだこの音の良さ!?

 

今までのイヤフォンでは

プレーヤーのイコライザでかなり音質補正してごまかしていました

そのためにイコライザつきのプレーヤーを使っていますし…

でも、このイヤフォンなら補正いらない

さらに、音像もクッキリ!

違う音源を聞いているみたい

今まで聞こえなかった音が聞こえます

 

ということで、自分も決して音にこだわる派ではないのですが

たかがイヤフォンでもモノによってぜんぜん違いますよ

というお話でした

Googleで写真やビデオをバックアップすると

先日の記事にも書いたように

クラウドのGoogle Driveに我が家の重要電子データをバックアップするようになった

 

重要なデータってのも大げさで

要は写真やホームビデオ中心です

ちなみにスマートフォンとタブレットの写真も同様にバックアップを任せています

Android機だと、デフォルトでインストールされているGoogle+アプリがやってくれるので

バックアップしますか?って聞かれてそのまま「はい」にして利用されている人も多いかも

 

で、面白いのは

この、クラウド上にバックアップされた写真やビデオはたまに

コピーしたものを

勝手に加工されたものが自動的に追加されて

スマホなどに「おまかせビジュアルに追加しました!」なんて通知が届きます

追加される条件はGoogleの思いつきか!?と思っていたけど

調べると以下の条件を満たすと実行されるらしい

効果 説明 条件
雪を降らせます 雪が写った写真を撮ります
消しゴム 動きのあるものを削除します 背景に動きのあるもの(通行人など)が写った写真を連続して 4 枚以上撮ります
アクション 一連の動きを 1 枚の写真で表します 同じシーン(動きのあるもの)を 4 枚以上撮ります
HDR 露出の最適な複数の写真を合成します 同じシーン(動きのないもの)を 3 枚以上撮ります
モーション 短いアニメーション カメラを固定して、動きのあるものを連続して 5 枚以上撮ります
スマイル 複数の人物が写った写真を統合して、全員の見栄えが一番いい写真を作成します 複数の人物が笑顔で写った写真を連続して 2 枚以上撮ります
パノラマ 風景の一部が重なり合う複数の写真をつなぎ合わせて 1 枚のパノラマ画像にします カメラを左右に動かして、風景の一部が重なり合う写真を 3 枚以上撮ります
ミックス フォトブース風の写真です 同じ背景の人物の写真を連続して 3 枚以上撮ります(顔の写真に最適です)

この表以外にも

  • イルミネーションにきらめきアニメーションを加える

 

  • ハートがふわふわ飛ぶアニメーションを加える

などのパターンもあります

 

これが、結構面白い!

特に自分などは、写真をデジタルにしてから全ての歴史をバックアップしているわけなので

突然、10年以上も前の写真をピックアップして

加工して通知してくれるわけです

通知が届くと、

(ああ、こんな場面、あったあった!)

と、かなりほっこりさせてくれます

 

ちなみにビデオも勝手に加工してくれます

最近我が家で飼い始めた犬と戯れる動画も

それっぽい音楽をつけて

色も変えられて

遷移効果もつけられながら

ダイジェスト版に編集してあったwww

お見事!

DELLのPCが届いたは良いがサービスタグが登録されておらず禅問答の苦悩

えー、またDELLPCの話題なので興味のない人はスルーしてください

同じ境遇の人がいるかも知れないので書き留めておきます

ちなみに私の場合、結論からすると解決済みです

 

以前発注したDELLのPCが届きました

納期は27日ほどでした

通常納期が14日で、繁忙期理由で約10営業日ほど遅れますとの通知が

発注後しばらくしてからHPに突然告知されたので

まあ、だいたい告知どおりの納期なのでしょうか…

 

ただ、届くまで自分の発注内容がオーダーステータスで見られなかったことから
イヤな予感がしていました

そして、その予感は当たりでした!

DELLさんはいくつか

発注時に注文したソフトウェアをインターネットで配信

するんです

で、そのソフトウェア類がちっとも配信されない!

 

ちなみに…

個々のPCの認証にはサービスタグおよびエクスプレスサービスコードと呼ばれるコード列が利用され、
そのコード内容が予めPC内に登録されており、下記で利用されます

  • 購入したソフトウェアの配信
  • 電話サポート
  • メールサポート
  • チャットサポート
  • 各種ドライバの配信
  • その他PCの保証サービス各種

いやあ、なかなか画期的なシステムだと思いますよ!思いますとも。。。

ただ私の場合・・・そう。

このコードがDELL側で認識されなければ

一切のサポートを受けることができません!

イヤな予感はここで的中していました

DELLでサービスタグが登録されていない

 

とりあえずサポート画面を開こうとすると、こんなんです

PCに仕込まれたサービスタグがそのままPOSTされているので
入力を間違っている訳はないのですが認識されません

お、注意書きが!

このエラーメッセージが繰り返し表示される場合は
テクニカルサポートまでお問い合わせください

そうかそうか、と、テクニカルサポートに連絡を試みます

テクニカル電話サポート Dell 日本

 

電話し、いくつかの自動音声応答質問をくぐり抜け、さあつながるぞ!というときに

「エクスプレスサービスコードを入力してください」

という禅問答のような無情の音声通知

それでエラーが出るから電話してるんだ!

という怒りも虚しく、正しく入力しても

「エクスプレスサービスコードをお手元に用意してからもう一度お掛け直しください!」

みたいな音声と共に電話は切れます・・・

 

おいおい・・・と思いながらいろいろ調べまくると

テクニカル電話サポート(サービスタグなしでもつながった)

 

もう一つの電話番号が!

こっちの電話番号でも自動音声応答から始まるのですが

途中の選択肢で「エクスプレスサービスコードが判らない場合・・・1を」みたいな選択肢があった!

それら関門を抜け、5分ほど(日曜日昼間)の待ち時間後

やっとサポート担当者につながりました

すっごいたどたどしい日本語ですがwww

 

で、状況を話したところ、登録しますので2~3日待ってくださいという案内

言われたとおり待ち、4日ほどで登録されました
(言われた2~3日は超えていたけど、この時点でサポートの信用はZEROなので、怒りもなかった)

ということで、レアなケースなのかも知れませんが
同様な落とし穴にはまっている方がいればご参考までに・・・

DELLでPCを発注したが注文殺到らしく納期不明に

急な出費を要する事件などが起きたのでなかなか買い替えることができなかったメインPC

しかし、今期末は

  • 消費税が増税直前
  • WindowsXPのサポートが切れる

など、それっぽい理由が並べられる!

決裁者(妻)を説得するなら今でしょ!(古い)

 

ということで・・・

ボーナス時の小遣いが減らされるという条件でなんとかクリアwww

小遣いのマイナスの方が大きいんですが・・・

 

ちなみに、OSのサポートが切れるってのは、普通の人には意味が分かりにくいです

なので、
「保険が切れたまま車に乗るようなものだよ!
  何かあっても助けてもらえないし、全部自分の責任になっちゃうんだよ
(キリッ!

という、我ながらうまい(適当な)説明、誰かまねしても良いですよ

 

ということで、ネットショッピングでポチッとしたんですが

納期遅延に関するお詫び

タイトルどおりの仕打ちです

しかも、クレジットカードの引き落としだけはされているが

当初納期の二週間はゆうに超えているのにもかかわらず
オーダーステータス(お届け予定案内)

 

発注はどうなっているのかも追えず

問い合わせフォームで問い合わせても返事は無し

サポートの電話は繋がらず

ネットショッピングでここまで不安になったのは初めてです

ネット上でも話題になりつつありますし、クレームも殺到している模様ですが

もうね、なんとかしてくださいよ・・・

クラウドバックアップはQNAP Turbo NASとGoogle Driveで決まり

久々にマニアック記事更新

以前にこんな記事を書いていますが

オンラインバックアップはいまだにASUS WebStorage使っています

Asus WebStorageの年間契約期間が今月で切れるため

正直、更新するかどうかずっと迷っていました

というのも、利用ステータスはこんな感じで

ASUS WebStorage - USAGE

100GB弱の容量を利用中

このまま500GBコースを更新しようとすると

年間5,740円(ASUSデバイス利用割引あり)かかります!高い!

かといって、別サービスに乗り換えたとすると

これだけの容量をクラウドにまたアップロードする時間はかなりのものです

実際、PCを何日も電源ONのまま放っておいてアップロードしましたからね…

Asus WebStorageの各種サービスは気に入っていたし、使いやすかったんだけどなぁ

と思っていたら、このニュースが飛び込んできました

Google Drive、激値下げ―1TBが月額49.9ドルからなんと月額9.99ドルに

 

利用が100GBなら、月額約200円!年間でも2,400円ですよ!

そして、Google Driveの場合、もう一つメリットが!

QNAPチュートリアル – Turbo NASのデータをGoogle Driveにバックアップします

私はNASにQNAP TS-110を利用しているんですが

このNAS、かなり高機能なうえに拡張pluginもいろいろ揃っていて

NASから直接Google Driveにクラウドバックアップできるようになるんです!

どうせNASは24時間電源を入れっぱなので

クラウドにデータをアップロードするためにPCの電源をONしっぱなしにする必要はありません

 

実際に利用してみましたが、設定は簡単でしたし、

2方向同期:
選択したフォルダとGoogle Driveは互いにデータを同期化します。ファイルがいずれかの側で削除されると、他の側のファイルも削除されます。

注:Google Driveに同期化中に間違って削除されないように、オプション「Google Driveのファイルを削除しない」を有効にできます。

NASからGoogle Driveへ:
NASに追加されたりローカルで編集されたファイルのみをGoogle Driveにアップロードできます。Google Drive上のファイル変更は無視または上書きされます。NASのバックアップ宛先としてGoogle Driveを使用する予定がある場合、このオプションを使用してください。

と2種類のバックアップオプションが選べます

Googleが起こした価格破壊、各社が続くでしょうが

当面は頭一つ飛び抜けたこのサービスでバックアップを続けたいと思っています