ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

ほのぼのTag Archives

太造じいさんとガン

久々のブログ更新

 

台風の気配が強いので、早めに自宅に帰ってみたら

娘2が、読み聞かせの宿題があるので聞いて欲しいと懇願する

要は、国語の教科書の小説を朗読するので

うまくできていたら、保護者欄にサインをするという宿題

 

しょうがないので聞いてみると、タイトルどおりの小説・・・

ん?・・・どこかで聞いたことがある!

っていうか、自分の小学生の時もあった物語じゃん!

なつい!懐かしい!

 

あらすじを書くなら

狩人の太造があの手この手でガンを狩猟しようとするが

賢くて警戒心の強いガンのリーダー『残雪』が、ことごとく見破って修羅場をくぐり抜ける

が、ある日とうとう、太造が長い間手なずけたガンによる罠にハマりそうになるが

それを狙ってハヤブサが攻撃を仕掛けるという急展開で、手なずけたガンが窮地に!!

それを救おうと、リーダーの『残雪』が立ち向かい、傷を負う!・・・

みたいな物語

 

娘の朗読は放っておいて…懐かしさのあまり聞き入ってしまった・・・

ってか、こんな物語だったの??

タイトルとか『残雪』とかハヤブサとか、ところどころキーワードは覚えているんだけど、

肝心のストーリーは、『残雪』が傷を負い地面に落ちて太造をにらむところで教科書は終わる

 

・・・いったいこの続きはどうなるのか?

すっげぇ気になるじゃん!

 

いかに小学校の自分がいい加減に国語の授業を受けていたのかが

よぉく思い出される

台風前のひとときになりました

NGワード

現在職場でなぜかNGワードが設定されている

設定された特定のNGワードを業中に言葉として発してしまうとアウト!

罰金100円を貯金箱に入れることになる

そして、貯まったお金は、参加している10名程度で飲み会にてshareされます

 

7-8月で設定されていたのが「暑い」というワード

正直、これは余裕!暑さにはめっぽう強い・・・のだが

「アツイ」という発音自体がNGなので

名古屋名物あんかけスパランチを急いで食べて「熱っ!」でアウトだったり、
「熱く語ります!」でもアウト!だったりと、数回支払うハメに・・・

貯まったお金でひつまぶしにありつけたので、まあ、良かったのですが

 

その、ひつまぶしを食べながらアルコールも煽り
酔っぱらいのひらめきで今月から設定されたのが

「ダメ」「いかん」「アカン」の一気に3語

しかも調子に乗って、午前中に発したら倍支払いだとか

設定されてから初めて発した3人は特別に1,000円、500円、300円を支払うだとかの
特別ルールつき

 

ええ、とりあえず最初に発して1,000円を払いました・・・

しかもこの3語って、普通に会話してたらどこかで出ちゃうんですよ

「そりゃいかんでしょ!」とか「~なきゃいかん!」、「ダメだって!」などはやはり、
普通にコミュニケーションしていれば発しています

あとは、NGワードだということに気づくかどうかの世界です ・・・

貯金箱も、すごい勢いで貯まっていきます

とりあえず1万円貯まったら次のということにしてありましたが

1ヶ月も経たないうちに次の飲み会を企画しなくてはならなさそうです・・・

皆さまの職場・学校でもぜひ!(笑)

台風の日の自転車

久々の記事は、「懐かし回顧」カテゴリです

 

以前の記事にも書きましたが自分の小学校も高校も、田んぼの真ん中にありました

通学路はずっと田んぼの中の吹きさらしの道

あまりに何もない道なので、良く途中で怪しいカップルの車が止まっていて

中を覗くと…Make Loveしているんですよね

小学校の通学団で帰るときも全員でその行為を確認して…

いったいあれはなにをしているんだ?とよく議論しましたwww

まあ、そんな道なので不審者もたくさん見かけて、怖い思いもしたんですが…

とにかく、行き帰りになんにも寄り道するところもなくてすくすくと素直に育ったのが私です(笑)

 

高校も同じ通学路を自転車通学

強風の日に向かい風だった日には、とんでもなく苦しいんです

でも逆に、追い風だったりすると…

台風の日に一度だけ、学校から自宅までの途中2km弱の直線の道を
自転車を一漕ぎもせず帰れたことがありました

・・・と、先ほど
台風が接近していて強風の中、自転車を漕いでいて急に思い出しました

懐かしいなぁ

未だにあの通学路は吹きさらしのままだけど

夏が終わる…

今年の夏は一度きり。二度とやってきません。

ブログもなかなか更新できないままですが
夏休みも終わろうとしています

なんなんでしょう…

上の動画の画像とかもそうですが
夏の映像って、郷愁を誘うんですよね

自分が子ども時代の夏休みと言えば

近所の神社でセミ獲りしたり、どぶ川で釣りしたり、秘密基地作ってみたり…

ろくに帽子もかぶらずに真っ黒に日焼けしながら遊んだもの

今どきは熱中症が危ないとかで、外ではろくに遊ばせてももらえませんが

まあ実際、最近は日本も気候的には
スコールなども降って…まんま社会で習った亜熱帯気候になってきてますな

今どきの子供達はこうやって夏の画像を見ても、キュンとしなくなるんでしょうね

あ、セミで思い出したけど

儚い命が終わったと思って触ろうとすると途端にジジジーッって鳴きだして
結構ビックリさせるじゃないですか!

これを見ておけば安心ですよ(^_-)-☆wwwwww

お父さんとかくれんぼする子ども視点カメラ映像がかわいい

手抜きの動画紹介記事でw

タイトルどおりの動画なんですが

いいですね、これ

プラス思考で行こう!

ちょっと古いネタですが

なんかこれ見てると・・・こっちも元気出てくる!!

うぉおお!

・・・っと・・・でもたまには

こんなふうにもなりますが
クヨクヨすんなって!
こんな時は黙ってお酒を注いでくださいw

家に帰ると妻が必ず・・・

毎年のことですがこの時期歓送迎会シーズンで・・・

飲み過ぎて終電で降車駅を乗り過ごして隣県まで行ってしまった!!って

もう何度もこのブログで書いている気がしますが

また昨日もやってしまいました

反省せねば・・・

さて
今日はひと言日記で!

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

いやぁ、こういう奥さん・・・いいよね!

ITの馴れ初め

最近はギター弾くのもこのブログ更新もそこそこに
休みのたびに自己満足的プログラムを作って遊んでいる自分

仕事はIT関係ではありますが、プログラマではないためコーディングすることはありません

だからこそ趣味として成り立つのかな・・・

さて、自分のプログラミングとの関わりを思い起こしてみましょう

そう、小学生の時!!

図書館で見つけた一冊

「はじめてみよう!プログラミング!」
(みたいな書名…だった気がする)

なんかね、パソコンのスイッチを入れてみよう!から始まって、サンプルのプログラムが載っているの
好奇心旺盛なばれんしあ少年、そのプログラミングっちゅうのを試したくて仕方がありません!

しかし!

時は80年代前半、やっと、家庭用のパーソナルコンピュータというものがちょっとずつ普及してきた頃です

まだまだ一般の家庭にはPCはありません

我が家にも当然ありません

では、どうしたか・・・

近所の家電店に通ったのです!w

自転車で30分ほどもかかるんですが毎日毎日通って、ちょっとずつその、プログラムとやらを組んでみます

そしたら、動くではありませんか!!

確か最初に組んだプログラムは画面上に「hello mycon!」を表示させただけですが
(当時家庭用パソコンは、マイコンピュータ=マイコンとも呼ばれていました)

そこから何かにとりつかれたように急速にいろいろ吸収していったばれんしあ少年・・・

小6の時には、ちょっとしたゲームまでプログラムできるようになっていました

ところで・・・

ばれんしあさんの人生最大のモテ期は今考えるとその頃、小学生高学年だったような気がするのです

クラスにちらほら、「ばれんしあくんが好き!」と言ってくれている女の子がいることは知っていて

その家電店で一生懸命パソコンに向かっている少年に対し
「ねぇねぇ、何してるの?
なんて話しかけてくれる子もいました

しかし!

女の子には全く興味のない純粋(だった)少年・・・

「こうプログラムを組むと… こんな風に動くんだよ
などと興奮気味に説明して女の子達を引かせていたのをよ~く覚えています・・・orz

今でも何かに夢中になっているときの自分はそんなに変わっていないのですが・・・

で、家電店に通い詰めた結果!

見るに見かねた店員さんが、パソコン貸し出しキャンペーン
とやらで抽選で貸し出してくれるのを優先的に少年に貸してくれて・・・

自宅で息子のパソコンへの異常な執着を見せつけられ
さらに家電店店員さんへの後ろめたさもあった我が親は、とうとう購入を決意したのでしたwww

確か当時の値段で30万円ぐらいだったでしょうか・・・

パソコンを買うのはまだまだ珍しい時代、近所のおばちゃんがわざわざ見物に来て
「便利らしいねぇ!これ、洗濯や掃除もしてくれるのかい?
と聞かれたのも、よ~~く覚えていますw

おとん・おかんがかわいいと思う瞬間

いやあ、
「おかんからの面白メールを晒すスレ – にくろぐ。」
を見てて、なんだかほのぼのした気分になりまして

気に入ったのはね

件名:かぜ
本文:かぜ大丈夫?お母さん心配して、八時間くらいしか寝れなかったよ。

どんだけ寝てるんですか!

本文:
喪子ちゃーん!(太陽)
今日のかに座(かに座マーク)は1位だよ(キラキラとハート)
ラッキーパーソンは……イニシャルがTの人!(キラキラ)
もしかして、トゥール!?
ごめんトゥールって誰w

誰??

パニクったのでとりあえず母にメール
私『どうしよ!電車間違えてもうたかも…』
母『わろす』
ちょwww母さんww

そのタイミングでwwww

(^O^)/←この顔しか使わないお母さんからのメール。
件名:ニュース(^O^)/
本文:お父さんがリストラだよ(^O^)/

いつもニコニコ!!

なんか、子供の頃怖かったおとん・おかんも思わずかわいいと思ってしまう瞬間ありますよね・・・

自分が大人になった証拠なんでしょうが

メールではないんですが・・・自分のおかんも、一時期パチンコ屋の閉店後清掃アルバイトに行ってまして

ある日、パートから帰ってきた途端興奮冷めやらぬ顔でそっと囁くんです

「なあ、こんなものあったから拾ってそっと持ってきちゃった

見たら、使用済みのパッキー(プリペイド)カードwww

飲んでたビールを吹き出したのは言うまでもありません

レコードレンタル

自分が中学生の頃の話・・・

世間には、CDプレイヤーすら普及していなかった

音楽を聞くのはラジオかレコードかカセット・・・

ラジオだと、自分の本当に聴きたい曲、ましてやアルバムなど聴けない

かといってレコードかカセットを買うのは中学生の小遣いでは厳しい・・・

どうするか

当時、至る所に「中古」や「レンタル」レコードショップがありました

TSU○AYAとかGE○とかU○Jとかそんなチェーン店はありません

また、現在のように、ビデオレンタルと併設が当たり前とかではありません

あくまで、扱っているのはレコードのみです(のちに、CDも置くことになりますが・・・)

広さは・・・どうでしょう、私が良く通ったレンタルショップは後に床屋に改装されました・・・・

というぐらいの、いわゆる商店街の一角とかです

そこで、お気に入りレコードを借ります

話変わりますが・・・

レコードってさぁ、CDに比べりゃすごいジャケット大きいんだよね!!

あれがまあ、ラックというよりただの箱の中に無造作に入れられていて

そいつをまさに、パタパタとめくりながらお気に入りを見つけるんです

あの、パタパタという感触も心地良いんですけどね・・・

話を戻して。。。

それからまぁ、自宅でカセットに録音するわけですが

自宅にあるレコードプレーヤーも音が悪いわけです

さらに、カセットのプレーヤーも、カセットデッキなんて言うカッコイイものではなく

当時の我が家にはいわゆるラジカセしかありません

それらを、しょぼいケーブルでつないで録音していました

そんなシステムでも、残しておくカセットテープにはベストな録音をしたい!!

録音しているときは、家族に細心の注意を促すわけです

そう・・・振動を与えるな!とwww

録音しているときに弟が帰ってきて

「ただいま! (バタンッ!)」

とか、勢いよく部屋の扉を閉められた日には血を見る兄弟ケンカに発展するわけです・・・・

ある日、いい音で録音するための素晴らしい方法を思いつきました

最新のオーディオがある、とっておきの場所がありました!

そうだ、電気屋行こう!!

レコードレンタルしたその足で、当時近所で一番大きかった電気屋さんのオーディオフロアへ!!

ええ。

一番高そうなオーディオで録音しました!!

もちろん、店員さんにも見つかりましたが

「なにしてるの?」と聞かれて

「レコード録音してるの!」

と、満面の笑みで答えたら、それ以上何も言われませんでした

若いからこそ・・・なにも怖くなかったんです・・・・ごめんなさい!!

そんな寛容な電気屋さんを紹介しておきますと

今もますます繁盛していらっしゃる

栄電社(現在のエイデン)さんです

今やったらたぶん怒られますのでよい子はまねしないように・・・