ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

ハードディスクが壊れてデータがパー!…にならないために

えっと、昨日メインPCのメインハードディスク(以下、HDD)が突然異音を出してお亡くなりになりました

享年15ヶ月です・・・早っ!!

さてそうなると、HDD内に当たり前のように置いてあったデジカメ写真や年賀状住所録、
作ったプログラム、ギターの録音データ・・・

などなど、重要ファイルはどうなってしまうんだ~

と、普通ならここで真っ青になるのでしょうが

さすがにPC歴も長いばれんしあ、以前からそんなことは幾度となく経験していまして
いろいろな対策をとってあり、被害は最小限でした

その中で有効だったものを紹介します

まず、バックアップを取るのは基本中の基本です

ただ、手動バックアップの方法はここではあえて触れません

方法はいろいろありますし、さすがにたまにはやりますよね!?

ってのがありますが・・・

正直、自分も最後に手動でフルバックアップを取っていたのは、約1年前でした・・・
(壊れた後の祭りとして分かった)

ま、人間そんなものです

つまり、いくらバックアップの重要性は頭で分かっていても、手動にも限界があります

では、私の場合最近1年のデータはどうしたか・・・

一番役に立ったのは、Dropboxというサービスです

ほかにも、単純なインターネット上の無料ストレージ(保管領域)

サービスは、Sky Drive – Windows Live(25GB)などほんとにいろいろあるのですが

Dropboxのすごいのは・・・

  • 自分のPC(のDropboxフォルダ)に置いたファイルを、
    いつの間にか(バックグラウンドで)アップロードしてくれる
  • 別PC(macやlinux、iPhoneなどのスマートフォンも可)にも同様に設定しておけば、
    いつの間にかダウンロードしてくれ、フォルダが同期されている
  • かなり高速
  • どのファイルをいつ追加/更新/削除したなどの履歴が全て記録されており、webで見られる

があります。

どっちかというとバックアップ用途よりも、上記箇条でいう1~2つ目の事実が、良く
使ったらやめられないと言われる所以です

例えば、自宅PCでなにか作業をして途中で仕事場やモバイルなどを持って出かけた先でフォルダを開けば
そこに、自宅で作業途中だったファイルがなんにも意識していなくても存在しており作業が続行できます

さらには、Dropbox Portableなるものもあって、出かけた先のネットカフェなどでも、
持ち運んできたUSBを差すだけで再現
…もできます
(別途セキュリティなどリスクはあります)

と、やはりこの「意識せずともいつの間にか」という点でバックアップツールとしても非常に優れており
私もかなり助けられました

無料で利用できるのは基本2GBまでなのですが、現在お友達紹介キャンペーン中なので
以下のリンクから利用を開始すれば、250MB(約13%)利用できる容量が通常より多くなります

ついでに紹介した私も増えます←これ重要w

という点はさておき、ばれんしあが本気でオススメです!

ちなみに登録や利用方法などは、ネットにたくさん情報ありますし、難しくないですよ

コメントをどうぞ