ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

ビール・ゴーグル効果

先日、本ブログで数学問題ネタを書きましたが

今回も高尚に数学式を示しましょう

(心の中の妄想)
-あれ?ばれんしあさんて意外とインテリなんですね
-い、いやぁああ、それほどでも
(妄想終わり)

Beer_goggles_equation.gif
この数式ね、すごいんですよ

なんといってもね、

「酔っているときにはなぜか美人ではないはずの女性が美人に見える度」

を表す数式なんです

マンチェスター大学の研究チームがこのメカニズムを無理矢理数式にしたそうで「ビール・ゴーグル効果」というそうな

ちなみにそれぞれの変数には以下を代入します

An=アルコール消費量。単位はパイント。1パイントは473.176475ミリリットル。

S=その場の空気の汚れ、0から10まで。たばこの煙などで曇っていればいるほど10に近くなり、曇っていない場合は0。

L=相手の女性への照明の強さ。通常の照度では150。暗いと数値が下がる。単位はカンデラ。

Vo=自分の視力。

δ(←機種依存文字?デルタです)=相手の女性との距離。0.5メートルから3メートルまで、いずれかの数値。

結果が
1から50の間だとちょっとかわいく50を突破すると美人に見え始め100を突破すると絶世の美女に
見えるらしいですよ

え~と、嫁と知り合ったときのシチュエーションは・・・
詐欺で告訴してイイですか?

5 Responses to “ビール・ゴーグル効果

  1. ドロシイ

    正直に言うぜ。
    途中で読むの断念しました(笑)
    なぬ?詐欺?
    嫁さんも同じ事思ってるかもよ…
    ふふふふふ

  2. minori

    私も詐欺師ですが・・・(▼Д▼#)ナニカ?(笑)

  3. ドロシイさん>
    嫁も同じ事を…ハッ!(;゜〇゜)
    minoriさん>
    私も詐欺師…ハッ!(;゜〇゜)

  4. 「ビール・ゴーグル効果」って言うんですか・・・
    昔 会社の連中と行きつけの飲み屋で
    可愛いお姉ちゃんたちに囲まれて記念撮影をしたはずが
    現像したら狸とパンダと白塗りのクマに囲まれてご機嫌に
    酔っぱらってる おバカな男たちが写っていました・・・
    みんなで 『えっ? こっちが誰で こっちは誰よ・・・?・・・』
    その場で写真を燃やして
    夢だったんだよな・・・何も見てないよな・・・
    その後その店には二度と行かなくなりました・・・
    ・・・実話です(笑)

  5. hiroちゃんさん>
    えっと、動物園に行ったんですか?
    パンダは今とても貴重ですよ!
    (↑時事ネタw)
    妙に薄暗い店は要注意ですよね…

コメントをどうぞ