ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

TVサイドPC(FMV-TEO50WN)を利用してみて

またまた製品レビューなので興味のない人はすっとばしてください

「最近ギター弾いてないだろ!」

…どきっ!弾いてはいるけど録音していません

またそのうち公開します

以前にも紹介したリビングのPC

について、半年以上利用してみてのレビューをば

まずですね、この機種を購入する場合の注意点

というか、これからWindows Vistaを利用する方々へ

やっぱりXPと比べて重いですよ

当初、1GBもあればメモリは十分だろうと初期スペックを選んだんですが

特に起動してから安定するまでに非常に時間がかかっていました

それも、やけにHDDのアクセスが多いずっとアクセスランプが点灯したままという感じ

それもそのはず

なにもプログラムを立ち上げていない安定状態でもメモリ使用量が90%程度という状態で

なにかプログラムを動作させるとどうも頻繁にスワップが起こっていた模様です

そもそも1GBのメモリを搭載していても

この機種の場合、オンボードグラフィックにメモリを200MB以上取られてしまい

実質有効に利用できるのは写真の通り760MB程度です

これに加え、Vista特有のサイドバーガジェットを利用したり

HDDレコーダー代わりのテレビ録画予約すると

TV-BOXというチューナーアプリを常駐させる必要があるなど

常駐アプリ類も結構メモリを食います

ということで最近増設して2GBにしたところ結構快適になりました

やはり最初からメモリ容量2GBモデルを選択した方が良さそうです

あとは、私の環境や利用法での感想など

以前も書いたとおり

・AQUOSとの相性
HDMI接続も相性は良さそうです
もちろんTVからの音声出力も問題ないですしPC側の操作でTVのON/OFFも連動するようにできました
リモコンももちろん対応します

・HDDレコーダー替わりとしてTV番組録画
TV番組録画に関しては
さすがにHDDレコーダー専用機と比べると 普通にPCの起動時間がかかりますので
「今すぐこの番組を撮りたいのに…」という場面ではいらいらします
予約録画なら時間になればPCの電源が勝手にONになるのでなんの問題もありませんが
視聴は、やはりデジタル放送はHDDへのHD画質録画でかなりきれいな画質で見られます
ただしデジタル放送を録画するならそれなりにHDD容量は必要です

・LANディスク上の音楽・ビデオ・写真などの閲覧
同梱されているWindows Media Centerというソフトウェアでリモコンのみの操作で快適に見られます

同じくMy Mediaという富士通オリジナルソフトも同様な 機能も同じくリモコンでAVコンテンツを扱えるのですが
DLNAサーバに配置したコンテンツしか扱えません

私の場合のようにLANディスク、つまりネットワークドライブにそのままコンテンツを配置してあるような場合だと認識してもらえません
とはいえ、最近のNASにはちゃんとDLNAサーバ機能を有したものがたくさんあるので
私と同じような使い方をするならそちらを用いるのも良いと思います

私の機種は2007年夏モデルですが、最新ですと2008年春モデルが出ていますね
購入後もいろいろ値段調査しましたが

富士通製PCの購入は下記リンク先の富士通WEB MARTでアンケートモニター特典で15%オフ+3%ポイントで購入するのが
安いし信頼できるし正解だったと思います

ポイントで周辺機器やソフトとかも買えましたし

似ている記事

コメントをどうぞ