ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

GPSレーダー探知機

今回は北海道旅行にまで持って行った愛用品について少し触れます
またしても、決して回し者ではありませんのでw

カーアクセサリのレーダー探知機をご存じでしょうか?

基本的には速度取り締まり情報を検知して警告するアレです

そのイメージはどうでしょう?

なんだか知らないが自動ドアに反応してピーピーウルサイ役に立たない機械だとか、スピードを出して走る訳じゃないので自分には無用だという方もいらっしゃると思います

実は私も数年前までそう思っていましたし、実際進化してきたのはここ数年だと思います

最近の機種は速度取り締まり情報以外の様々な情報も画面でビジュアルに情報提供・警告してくれまして、なかなか見た目にもおもしろいんですよ

ところで事前情報として聞いてはいましたが、北海道では非常に多くの取り締まりがなされていました

4日間の旅程でも、ねずみ取りや白バイ、パトカーにより目の前で止められた車を何度も見ました

郊外でも法定速度が50km/hの道がほとんどでしたが、さすがに周りの交通のスピードに併せて走るだけでも、これを超えてしまうことはあります

でも、特に地元の皆さまは危険なポイントなどは把握されているわけで、危ないのはやはり県外ナンバーやレンタカーです

というわけで私はいつも自分の車で愛用しているレーダー探知機をわざわざ持って行きました
1年ほど前に購入したそこそこ最新機種です

スピード取り締まりが怖いというのがまず第一の理由ですが、ほかにも初めての道での安心感と安全運転につながります

もちろん従来通りの基本機能として、オービスやネズミ取りに対して警告してくれます

それも単純に警告音を出すだけではなく、法定速度50km/hに対し、現在60km/h出ているから危険ですという内容を
ディスプレイ表示と音声の両方で伝えてくれます

実際取り締まりが無かったとしても、周辺で良く取り締まりが実施されるポイントに近づいたり、事故が多く発生するポイントでも情報表示・警告設定できます

高速道路などで途中で制限速度が変わった場合でも同様に音声で知らせてくれます

また、カーロケを利用しているパトカーや救急車などが近づいただけでも注意音声を出すことができます

どれも、自分にとってはスピードを抑制させる契機になるわけで、安全運転につながるという訳です

ほかにも取り締まり無線なんかを聞ける機能なんかがついています

が、はっきりいってコイツはそれほど役立ちませんな
せいぜい、駐車場整理のおじさん達の無線の会話(同一周波数?)が聞けるぐらいでw

あと、私が持っている探知機は、
道の駅が近くにあったら知らせてくれる付加機能
がついており、旅先ではコイツがなかなか便利でした

もちろん自分の車にもレンタカーにもナビはついていて道の駅を探すことはできますが、「近くにあったら知らせる」という機能はついていないので

まあ、設定によってはウルサイのには変わりませんが

昔に比べると誤警告とかはほとんどなくなりましたし、機種によっては警告不要な場所での警告キャンセルをメモリーしておくこともできます

カー用品店などでひときわウルサイコーナーが、だいたいレーダー探知機コーナーです
一度デモ見られてはいかがでしょうか

ちなみに私が持っている機種はセルスター ASSURA AR-503FEという機種で、発売直後に購入したため4万円弱もしましたが、最新のものならさらに高機能になってしかも安くなってる

最新の価格を調査してみましょう

しかし手首はまだ痛い・・・病院に行ったら、とりあえず骨には異常は無く
やはり運転過労か痛風かよく分からないので検査をしました

検査結果は来週土曜日にでも聞きに行きます
結構ドキドキ

Comments are closed.