ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

文化祭バンドの苦悩(その2)

先日の記事の続きで、進学校で結成された、まるで腫れ物扱いのロックバンドのお話。

文化祭に出演するために応募すると、な~んと、先生方が事前審査をなさるとのこと。
イッタイナニヲチェックされるので?

まあ、でも合格でした。ちなみに他にも2バンドいましたが、結局みんな合格。

結局何を審査されたのか未だに不明です。

で、出演に関する要項は以下の通りでした

  • 多目的教室(校舎の端っこの、普通の倍ぐらいの広さの教室)が出演場所

→普通体育館じゃないのか

  • 服装はあくまで制服のみ。アクセサリなども不可。

→去年演奏した先輩で、リストバンドをしていた人がいたらしく、厳重に注意されたらしい

  • 観客はみんな教室の床に座って鑑賞?!する

→”鑑賞”って・・・

上記が守れなければ中止ですってさ。はいはい。
さて当日はいろいろ問題が発生しました。

  • どうも電源容量が足りないらしく、打ち込んだシーケンサーがうまく鳴らなかった

→結局シンセ無しで本番

  • PA(音響装置)一式を他のバンドと共用で頼んであり、ギターアンプも頼んであった・・・つもりだったが、手配されておらず。自前のアンプは家庭用の10Wしか持っていませんよ

→別のバンドのキーボード用アンプがおいてあったので急遽「これ貸して」と、無理矢理ギターとつなげた・・・ギター用ではないので全然歪まないんですが

  •  ラジカセで演奏を録音した・・・はずだったが・・・録れていませんでした

→あとで分かったことですが、NORAMALポジションテープしか対応していないラジカセに、METALポジションテープを入れていました

(知らない人のために解説すると、カセットテープにも種類があって、高級なテープは、それに対応する機器じゃないと、正しく録音や再生ができません)

カセットテープ購入した友人曰く、「一生の思い出だから最高級のテープを買ってみた」と。気持ちはわかるが

で、演奏はというと、まあ、一生懸命ガンバリマスタ。観客も満員御礼で、廊下にまであふれていました。狭い部屋だから当たり前だけど。

今考えれば、当時はギター始めたばっかで、MUTEもろくにせずに弾いていた気がするし、もともと緊張しようがなにしようが、下手なものは下手です

あとから友人に聞くと、顔もかなりこわばっていたらしい

演奏中で唯一覚えているのは、
床にこれまた制服で体操座りする観客=生徒のみなさんの、一番前に座っている女子達・・・のパンツが見えそうだったこと・・・
初めて、視点の低いドラマーがうらやましいと思った

で、終わった後体育館にいったら、

クラシックギターは、体育館でちゃんと演奏させてもらえるんですね
なんだこの扱いの差は。ちなみに、私たちが卒業後、普通にロックも体育館で発表できるようになったそうな。

ということで、話は長くなりましたが、
今日の演奏はこの文化祭の思い出深い

 

誰かが体育館で演奏させてもらってたこの曲で
(ソッチカヨ)
クラシックギターは持っていないので、やっぱりエレキで弾いてみました。

今日の演奏、とってもへたくそです。
でも、体育館で演奏できなかった悔しさを込めました・・・キー!

One Response to “文化祭バンドの苦悩(その2)

  1. マリア

    はじめまして!
    読んで スゴーーク
    面白かったです!
    朝から大笑いです。
    ありがとうございました!
    ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

コメントをどうぞ