ネットカフェとギター好きの管理人(ばれんしあ)のつれづれ

電脳生活(その1)

大変更新をさぼって申し訳ない。

引っ越しもやっと落ち着いてきました。
先日の日記でウンチク垂れた内容、実は本当に着々と進めてきました。

これからちょっとそのあたりをネタに紹介していきます。
興味ない人には全然興味ないマニアックな長文なので、飛ばすがよろし


今回、引っ越しを機に、我が家にあった最後のアナログ機といえる(壊れた)ビデオデッキを処分しました。

これにより、写真(デジカメ)、音楽(CD)、映像(HDDビデオレコーダやデジタルビデオカメラ)まで全てがデジタルデータになります。

この中でも特にデジカメ写真やビデオカメラの映像って、我が家の傾向だと撮って満足しているだけで、さてそいつが日の目を見ることは少ないのです。下手すリャ撮って一度も見ていない写真とかビデオ映像が存在します。

テレビもせっかく大画面液晶テレビにしますし、これらデータをファイルサーバに貯めておいてネットワークで結んでおけば、リビング(1F)からでも、書斎(2F)からでも、寝室からでも、無線にしておけば家中どこからでも、さらに、将来的にはインターネットへ向ければ、それこそ世界中どこにいても楽しむことができる・・・というのが構想です。

今日はその中の第1弾、ホームネットワーク構築に関して紹介。

サーバや機器類は2Fのウォーキングクローゼットに置くことにしました。普段は邪魔でうるさいし、発熱するので。

かといって屋根裏だとかインテリアに収納してしまうと、それはそれでメンテナンス性に乏しい。

そこから各部屋にLANを配線です。ただし、工事店にはあくまで配管のみを設置してもらい、LANケーブル敷設や結線、LANコンセント設置はなんと自前で実施しました。材料や必要機器、工具などなるべく安く、ケチることが目的です。

とはいえ、さすがに私もLANケーブル敷設など、初体験です。

必要な工具を調べると・・・なになに・・・「通線ワイヤ」があった方が良いと。

ああ、見たことある。電気屋さんや通信屋さんが狭いところにコードを通すために使うあれね。

なぁんだそんなの、どこの家庭にでも・・・ねぇよ!

友人や同僚に聞きまくりましたが、さすがに素人さんで持っている人はいなかった。

家業が電気屋という人は持っていたけど、そう言う人に限って実家は遠い。しょうがない。
工具類
買っちゃいました。名古屋大須で約5k円でした。

もうちょっと探せば誰かに借りられたかも知れませんし、ネットならもっと安く手に入ることは知っていましたが、まあ急いでいたし、これからも使うことはあるかも知れないし、不要になればオークションでもそこそこ高値で売れるみたいだし。

写真の真ん中にあるのは、モジュラープラグ用圧接工具で、借り物(こいつはなぜか持っている人がそこそこいた)。
モジュラージャックは、これまたマニアックそうな奴を捕まえて頼んだらタダでもらえた。

肝心のケーブルは
LANケーブル
オークションで落札しました。将来のギガビットLANに備えて本当にCAT6を。

で、コンセント部。
右が購入したLANコンセント
ネットショッピングで@1,170円×5部屋分・・・これだけでも結構な値段です。

あとブロードバンドルータは、BUFFALO製 BBR-4HG がこれまたオークションで新品同様が約3k円で手に入った。安い。

半日仕事ぐらいで完成。

で、サーバ設置予定のクローゼット部分は、
FTTH(Commufa)の光回線終端装置と光電話用モデムとルータと各部屋へのLANケーブルやら電話線やら電源ケーブル類で
ぐちゃぐちゃ
ぐっちゃぐちゃ
(部屋の壁紙があり得ない柄なのは、クローゼットだから)

嫁にさんざんブツブツいわれました。
これからまだサーバとプリンタもここに集約させる予定なんですがね。

今日はここまで。

コメントをどうぞ